ビジネスとしてのソーラーエネルギーのトータルサポート

太陽光発電設備概要

遊休地 特注架台 49.5kW x 3基データ

発電出力 49.5kW 住所 熊本県菊池市
ソーラーパネル アポロソーラー 発電最大出力 58.32kW
パワーコンディショナー オムロン 発電定格出力 49.5kW
施工方法 特注架台 設置面積 約800u

パワーコンディショナーの設置及び結線

 パワーコンディショナーを架台の裏側に設置し、 パネルからの入力線、電力会社系統への出力線を結線します。
残りは電力会社系統連係工事待ちにて工事終了です。

パネル設置

 3基分、合計700枚以上パネルを設置します。
今回のパネル留めは、押さえ金具を使用したタイプを採用しました。

架台の設置

 設計から製造を終え、納品された架台を組み上げます。
パネル設置が容易になるようパネルの事前配布も行います。

引込柱の設置

 電力会社との調整が終り、引込柱の位置が決定したら引込柱の設置します。
今回は、3本の引込柱を設置し、最後に電力会社がその3本に引き込むための電柱を真ん中に設置します。

配線と配管

 架台を設置する前に、配管した電線を敷設していきます。
 まずは各パネルの系統位置の墨だし位置からパワーコンディショナーまでの長い範囲を行います。

架台サンプル設置と検討

 架台のサンプルが納品され、今回はお客様を含めた関係者が集まって変更点などを協議します。
施工性や強度などあらゆる角度から検証し、完成形を目指します。

基礎設置

 今回使用する基礎は「ビニールハウス」に使用される基礎を使います。
 架台の設計を行っている間に基礎設置工事を進めていきます。

設置イメージと特注架台製作

 今回の発電所は、遊休地に49.5kWの発電所を3基設置します。
 お客様の要望で、架台については特注架台を地元の鉄工所と一緒作成します。
 計画は、パネル5段と4段の2種類の架台を設置します。まずは要望をまとめ、設計を実施します。