ビジネスとしてのソーラーエネルギーのトータルサポート

太陽光発電設備概要

集合住宅屋根/店舗屋根 88折半 49.5kWデータ

発電出力 49.5kW 住所 熊本県熊本市
ソーラーパネル アポロソーラー 発電最大出力 57.6kW
パワーコンディショナー 田淵電機 発電定格出力 49.5kW
施工方法 88折半
(集合住宅屋根/店舗屋根)
設置面積 約130u/540u

建屋間配線及びパネル設置作業

 今回は、建屋が2つに分かれているため、電線ケーブルも同様に渡す必要があります。特殊車両を使い、建屋間の電線を敷設していきます。
 残りはそれぞれの屋根にパネルを設置しながら結線を行っていきます。
 その後、パワーコンディショナーの設定を行えば、残りは電力会社との連携を待つのみとなります。
 設置作業としては本作業で終了となります。

電線敷設

 設計図面に従って架台の間を縫いながら電気配線を行っていきます。
 施工を容易にするためには、パネル直列方向などを工夫し分かりやすくしておく必要があります。
 露出された電線は、できるだけ劣悪な環境にさらさないように電線管に保護していきます。

施工前の下準備

 今回の発電所は、太陽光パネルが2つの建屋に分かれるため、上空に電線を渡す必要があります。
 隣接する建物の所有者及び発電所設置者が同一人物の場合は、建屋が分かれる場合でも1発電所として認められます。ただし、公道などをまたぐ場合は電気主任技術者の選任が必要となる場合があるのでご注意ください。
 まずは、今回対象の88折半屋根の簡易補修、墨だしなどを行っていきます。その後、架台の取付作業に入ります。